初期脱毛とミノキシジル

初期脱毛とミノキシジル

この初期脱毛というのは、服用を開始してから3〜4週間後くらいに発症することが一般的で、概ね1週間程度同様の症状が続きます。ミノキシジルを使用した当初に抜け毛が増えるというのは、新しく健康な髪の毛が生えてくるための準備段階といえます。

これは「初期脱毛」と呼ばれているものであり、プロペシアを服用している人は「このままAGAが悪化するのではないか?」と不安に感じてしまうようで、その不安から服用を止めてしまう人も沢山と言われています。そもそも、初期脱毛というのは、どのようなものなのかをまず最初に知っておく必要があります。

そのような初期脱毛がミノキシジルにも引き起こす可能性があるという話もあります。そこにミノキシジルを使用し、血行を改善してあげることによってヘアサイクルの改善に期待することができ、健康な状態に立ち直っていく過程で乱れたヘアサイクルの元で生えてきた髪の毛が抜けていくのです。

時期が経過することで自然と収まりますので、その間に使用を止めてしまうようなことはせずに、我慢して使い続けることが大切です。抜け毛やAGAが進行してしまっている頭皮というのは、毛髪が生えてくるヘアサイクルに乱れが生じています。

プロペシアを服用してからすぐの時、かえって抜け毛の量が増えてしまう現象が生じることがあります。そのことから寿命が短く、簡単に抜けてしまう髪の毛しか生えてこなくなるワケです。

これは状況が悪化してしまい、抜け毛が増えてしまったというものではなく、逆に頭皮の環境が好転したことによって生じる現象なのです。